顔をコンパクトにできる小顔ボトックスの力を理解しよう!

もっと自信の持てるワタシに変身

骨を削らずにエラを小さく

婦人

日常生活に支障なし

エラボトックス、小顔ボトックスという美容外科でのプチ整形が人気です。韓国で開発された施術で、噛筋と呼ばれるエラ部分にある筋肉を退縮させることによって、ほっそりとした顔を手に入れる事が出来ます。それまでは、小顔になるには顎やエラ部分の骨を切るというリスクの高い大きな手術を受けるしか選択肢が無かったので、画期的な治療法と言えます。以前は色々と危険性が危惧されたボトックスですが、しっかり安全性を守れば日常生活に全く支障が無く、目立った副作用も無いことが証明され今ではすっかり定番のプチ整形メニューになっています。料金は1回当たり2万円〜5万円前後と手頃で、骨切り手術の1/10以下の価格で受けることが可能です。ボトックスは筋肉を一定期間麻痺させる、一時的な薬品なので効果は永久ではありません。小顔の状態は6ヶ月程度続きますが、その後は少しずつ筋量が戻っていきます。小顔効果を持続させたい場合は施術を繰り返す必要がありますが、効き目が薄れる4ヶ月から6か月ごとに何度か繰り返し打つことで、筋肉が復活することをある程度防げます。そのため、小顔ボトックスは基本的には一時的なプチ整形ではありますが、筋肉の廃用性萎縮機能を利用して、小さくなったエラの状態を保つことが出来ます。現在では、何度もボトックスを打って耐性ができてしまった人のために、ゼオミンという同様の効果が得られる薬剤もあるため、効果を持続させたい人は耐性などはあまり気にせず、医師が勧める安全な範囲でリピートするとよいでしょう。エラボトックス、小顔ボトックスには嬉しい副効果もあります。ストレスや噛み合わせが原因で、寝ているときに歯ぎしりや噛みしめをしてしまう人が増えていますが、これは奥歯を摩耗させ、肩こりや頭痛も引き起こしてしまうので厄介な症状です。それが、咬筋を委縮させることにより軽減されるため、歯の保護にもつながります。30代後半以上の方が気を付けるべき点は、筋肉のボリュームが減るために余った組織や皮膚がたるんで見えるようになる可能性もある点です。ボトックスによって顔がたるむわけではありませんが、小顔になった結果、もともとあった皮膚が余ってしまうという現象です。レーザーやショッピングリフトなど、お肌を引き締める施術と組み合わせて受けるとこちらは解消されます。施術から1週間程度で目に見えてスッキリしてきますが、もしその状態が希望と違っていても心配する必要が無いのも利点です。数か月そのままにしていれば、徐々にもとに戻ります。

注射

ダイエットせず顔を小さく

ボトックスの費用は約5万から15万小顔効果を感じやすいタイプと感じにくいタイプがあるので注意が必要。使用する薬剤やお医者さんの腕によっても効果や値段が変わってくるためしっかりと調べてから行くようにすること。

ドクター

フェイスラインを整える

小顔ボトックスを受けるクリニックを選ぶときは、採用している薬剤の種類をチェックしましょう。また医師の経歴や専門医資格などをホームページで確かめ、症例数が多く技術力の高いクリニックを選ぶことが大切です。

顔を触る人

骨を削るよりも安心

一昔前、小顔になるためには整形外科等で、えらの骨を削ってという手術方法しかなかったようです。しかし現在ではボトックス注射という大変お手軽な方法もあります。整形手術よりは値段も格段に安く危険性もほとんどないため、とても人気の施術方法です。

カウンセリング

受けるときに確認する

美容整形で小顔を手に入れるにはボトックスを利用して、すっきりさせることが出来ます。ベテランの医師がいるところでやってもらうことがベストですし、カウンセリングによってコミュニケーションをとっていくことも大きな安心を生みます。